HOME>冷間鍛造VA・VE事例集>>熱間鍛造+機械加工品を、冷間鍛造+機械加工によりコストダウン!!

冷間鍛造VA・VE事例

熱間鍛造+機械加工品を、冷間鍛造+機械加工によりコストダウン!!

Before
こちらの部品では、軸部分とフランジ部分の2つで構成されており、従来の加工方法では熱間鍛造により一体化成形が行われていました。フランジ部分・軸部分への穴加工を2次加工として行っていました。
しかし、熱間鍛造+機械加工となると時間を要するため、工法転換ができないかという相談が当社にありました。
After
そこで、当社では、冷間鍛造+機械加工による成形を提案しました。一般的には、図面のように軸部分とフランジ部分の中心位置が異なる製品を冷間鍛造で加工するというのは“難しい”もしくは“不可能である”とされていました。しかし、当社では異形状品に対する成形の知見を持っていることから、このような製品に対しても冷間鍛造への工法変換の提案が可能となっています。

ここがポイント

冷間鍛造というと丸棒形状が想起されますが、写真のような異形状品も鍛造レイアウトさえ、検討すれば可能な場合が多々ございます。切削品から鍛造化を検討されている方は、一度、冷間鍛造による工法変換を検討ください。困っている・悩んでいる図面は、まずミナミダまでご相談ください!!
工法変換ラボ

冷間鍛造部品のお見積り・ご質問・ご相談などはお気軽にお問い合わせください。

Contact
お問合わせ

Tel.072-998-6314

Fax.072-998-6381Mail

冷間鍛造.comとは 冷間鍛造技術情報 冷間鍛造VA・VE事例 Q&A お取引のご案内